TOP

スポンサーKataribe

たった一台分のスペースから始められる駐車場経営!?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


今年一月下旬、日銀の金融政策決定会合にて「マイナス金利」の導入が決定されました。これにより各金融機関から企業や個人へのお金の貸し出しが増え、結果として経済が活性化することが期待されています。しかし日銀が日本初のマイナス金利を導入したということはそれだけ景気が悪化しているとも言え、更なる景気後退に備え、資産運用を考えていらっしゃる方も多いと思います。
その中で不動産投資に関心がある方もいらっしゃるでしょう。でも親から受け継ぐ土地や建物があるとか、大企業に勤めていたり公務員だったりしてお金を借りやすい人でない限り、ごく普通の人が一から不動産投資を始めるのはなかなか難しいと思っていらっしゃるのではないでしょうか。
しかし今はインターネットを使って小さなスペースを短時間だけ貸すということができるようになってきています。その一例が自宅の駐車場を貸し出すというサービスです。具体的な名前を挙げると「akippa」というサービスで、個人間で駐車場の貸し借りができてしまいます。
akippa

駐車場予約ならakippa | 予約できるどこでも駐車場サービス

「akippa」は全国の空いている月極や個人の駐車場を一時利用できるサービスです。かりる方はお安く駐車場を予約でき、かす方は空きスペースを有効利用して収入を得ることができます。
akippa


これまでの駐車場経営では月極やコインパーキングなどある程度の規模や長い期間の賃貸契約が主でした。でも「akippa」のようなサービスなら、通勤通学に車を使っていて日中空いている自宅の駐車場で不動産収入が得られるようになるのです。また、観光地などの近くに運よく自宅をお持ちの方なら、土日祝日やイベントがあるときだけ貸すということもできるでしょう。
毎月何万もの収入が得られるわけではありませんが、全くお金にならなかったスペースがお金を生み出すようになるのですから、マイナス金利時代を生き抜く資産運用の一つとして考えてみてもいいのではないでしょうか?

.

最終更新日:2016-08-09 01:07

コメント (0)