TOP

スポンサーKataribe

節分の残りの福豆でアレンジクッキング

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


節分で豆まきをした後の、福豆はどうしていますか?年の数だけ食べるといいとか言われていますが、正直そのままの豆をたくさん食べることはなかなかできませんよね。そこで節分で余った福豆をつかった簡単なアレンジを三つご紹介します。
①自家製きなこできなこ餅
煎り豆は大豆を炒ったもの。きなこは煎り大豆を粉末にしたもの。つまり福豆をフードプロセッサーなどで粉砕したり、すりこぎですれば自家製のきなこができます。すこし粗いけれど、挽きたてなのできなこの香りが違います!
②煎り大豆入りの炊き込みご飯
いつものようにごはんを焚くときに福豆をいれるだけ。しょうゆやお出汁などで味付けし、ニンジンや油揚げなどの具を入れるとさらにおいしくなります。煎り豆なのでふつうの豆ごはんより香ばしい香りが楽しめます。
③煎り豆の酢大豆
お酢としょうゆ、お好みでめんつゆや砂糖などと一緒に漬け込んで一昼夜置けばたべごろです。
縁起の良い福豆をいろいろアレンジして最後まで楽しくおいしく召し上がってくださいね!

.

最終更新日:2017-01-30 14:24

コメント (0)