TOP

スポンサーKataribe

今年の春分の日っていつだっけ?春分の日についてちょっとだけ勉強してみよう!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


3月の祝日といえば春分の日ですね。ちょうど昼の時間と夜の時間が同じになる節目の日であることはご存じですよね。また「国民の祝日に関する法律」では春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日として定められています。これから暖かくなっていくと感じるうれしい気持ちになる日ですね。ところで春分の日って3月何日か知っていますか?
実は春分の日と秋分の日は国民の祝日の中でも日にちが明記されていない珍しい祝日なんです。というのも春分も秋分も昼と夜の時間が同じになるという天文学的な基準によって決められた春分日・秋分日なので、年によってずれてきてしまうのです。おおよそ毎年3月20日か21日と9月22日か23日頃になります。
春分の日がずれてしまう理由を簡単に説明すると、地球の公転(太陽の周りを一周すること)する時間が365日ぴったりではなく、365日+約6時間だからです。毎年6時間づつ一年の時間が暦の一年とずれていくのです。つまり4年でちょうど一日分(6時間×4年=24時間)ずれることになります。そこで四年に一度うるう年の時には2月29日を設けてずれを修正しているんですね。
さてそれでは具体的に春分の日はいつになるのでしょうか?直近のうるう年は2016年でした。2016年の春分の日は3月20日。2017年は3月20日、2018年は3月21日、2019年は3月21日になります。2020年はうるう年となりまた3月20日に戻ります。
もっと詳しいことを知りたいという方には国立天文台のQ&Aのサイトがわかりやすいのでおすすめです。ぼたもちを美味しくいただきつつ勉強してみてはいかがでしょうか?

質問3-1)何年後かの春分の日・秋分の日はわかるの?

よくある質問:質問3-1)何年後かの春分の日・秋分の日はわかるの?
国立天文台(NAOJ)

.

最終更新日:2017-02-17 14:20

コメント (0)