TOP

私の体験談~ずばり予備校は必要か?~

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

 私は現役での大学受験に失敗し一年間予備校に通いました。その経験をもとに予備校について語ってみたいと思います。

<私が予備校に行った経緯>
 私は高校まで塾に行ったことがありませんでした。運よく塾に行かずに高校に合格しましたが、実力以上の高校にうっかり入ってしまったため、赤点をとるような落ちこぼれでした。そんなわけで大学受験に見事失敗しました。もちろんそのまま自力で何とかすることもできたのでしょうが、さすがにもう一年一人でやったとしてもまた失敗する可能性が大きいので予備校に行くことにしました。

<ずはり予備校は必要か?>
 ずばり言います。予備校・塾なしでも受験に合格することは可能です。書店で問題集や過去問を買ってきてひたすらやれば合格できます。これは高校受験も大学受験でもいえることです。ただし塾や予備校での授業や情報は侮れません。すごいアドバンテージです。また受験を徹底的に分析しているので受かるテクニックみたいなものを知ることができました。しかしながら塾や予備校は受験合格の必須条件ではありません。

<じゃあ予備校はいらないのか?>
 予備校通って大学合格しといて必須条件ではないなんていってしまいましたが、よかったことも多くありました。
 まず授業スタイルが違います。具体的に言うと、数学の公式についてその公式がどうしてできたのか理解を深めるのが学校の授業で、とにかく丸暗記して問題を解くのに使えるようにするのが予備校の授業です。受験の問題を解く力をつけることに集中できました。
 それから高校受験の時に実際に困ったのですが、自分の実力と高校の偏差値が分からず志望校が決められませんでした。三者面談で担任の先生に聞いても高校の偏差値については答えられないと言われました。そういう情報は塾が独自でリサーチしているもので高校側が発表するものではないし、公立中学の先生という立場から、公立高校の順位を口にすることはできないのでしょう。結局塾に行っている人から情報をもらって志望校を決めました。
 また、学校の授業は文部科学省の定めたカリキュラムに則って全国どこでも平均的な内容となっています。しかし対する受験には学校ごとに癖があります。特に私立の学校の場合は顕著です。これを自分で分析できればいいのですがなかなか大変です。予備校ならこういった情報が簡単に手に入ります。

<予備校に行く意味とは?>
 ずばりお金を払って受験に必要な情報やコツを伝授してもらえることです。そのおかげで合格への道を最短ルートで走破できます。予備校は行くものではなくて活用するものと思って利用するのかしないのか、どのように利用して受験合格という目的を達成するのか考えることが大切だと思います。

.

最終更新日:2016-04-23 23:28

コメント (0)