TOP

スポンサーKataribe

洗濯物も凍る寒い日の部屋干しテクニック

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


天気がよくても寒さで洗濯物が乾きにくい冬。外で干した後、さらに室内で丸一日洗濯物を干して乾かすこともありますよね。できるだけ早く乾かして生乾きの嫌な雑菌臭を抑えたいものです。そこで我が家で実践している二つのテクニックをご紹介します。

①風の通り道を見つけよう
家の中で一番風通しのいいところに干す方法です。我が家では二階の廊下を利用しています。階段からの吹き抜けや廊下の両側に小窓があることから片方を全開にし、もう片方を半開にすると、半開にした窓から全開にした窓へと空気の流れができます。これを利用して乾かしています。この窓のテクニックは通常のお部屋でも対角線上に窓があれば実践できます。東西南北でもいいですし、高い位置にある窓から低い位置にある窓という対角線上でも風の流れを作ることができると思います。

②洗濯物の下に新聞紙を敷こう
洗濯物が乾かない原因は洗濯物の周りの空気の湿度が高いからです。①では風で湿った空気を流す方法でしたが、湿った空気というのは乾いた空気より重たいので洗濯物の下に溜まりやすいんです。そこで洗濯物を干した下に湿気をとるための新聞紙を敷くテクニックがあります。新聞はただ広げておくのではなくくしゃくしゃに丸めておいたほうが湿気を吸いやすいのでお勧めです。

ヒーターやストーブ、乾燥機などの力を借りたほうが早いのですが、できるだけお金をかけずに早く乾かす方法としては上の二つをおすすめします。ぜひためしてみてくださいね。

.

最終更新日:2016-11-16 13:43

コメント (0)