TOP

スポンサーKataribe

花粉対策にワセリンを活用しよう

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


花粉症とは目や鼻の粘膜についた花粉を異物だと誤認して抗体ができ、次に花粉が侵入したときに過剰に免疫反応を起こすことです。まだ花粉症にかかっていないという方も油断は禁物です。抗体ができてしまう可能性はいつでもだれにでもあるからです。そこで私がおすすめする花粉予防法はワセリンとマスクで二重に粘膜を保護する方法です。

<ワセリンとは?>
「ワセリン」とは石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの。一般的に精製純度の高い白色ワセリンのことを指し、医療用にもつかわれている安全なものです。薬局で簡単にかつ安価に手に入れることができます。
<ワセリンの塗り方①>
ティッシュできれいに汚れをふき取った鼻の粘膜にワセリンを塗り、表面を保護します。たとえ花粉が鼻に侵入したとしても粘性のあるワセリンに花粉がくっつき、直接粘膜に花粉がくっつくのを防ぎます。粘膜に触れなければ抗体もできませんし、免疫反応も起こりません。
<ワセリンの塗り方②>
また、目の粘膜には直接塗ることはできませんが、目の周りに少量のワセリンを塗っておくとワセリンが花粉をキャッチしてくれて、目の粘膜につく花粉の量を抑えてくれます。朝でかけるまえにワセリンを塗り、帰宅時や入浴時にお湯できれいに洗い流してください。
<マスクのつけ方>
さらに「マスク」で二重に保護することでより花粉が粘膜につくのを防ぎます。ワセリンで鼻の粘膜を保護した後、できればマスクは霧吹きで軽く濡らして鼻と口をしっかりガードします。水滴が花粉をとらえてマスク内へ侵入するのを防いでくれます。また、マスクはできるだけ立体的な構造のものか、通常のマスクでも鼻の周りの針金をしっかりと鼻に合わせて曲げて隙間がないようにしましょう。
いろいろな花粉対策グッズが販売されていますが、簡単に安価にできる対策なのでぜひ試してみてくださいね。

.

最終更新日:2017-01-27 13:54

コメント (0)