TOP

スポンサー健康ネット

シマッタ!!日焼け後の正しいアフターケアとは?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


<日焼けとは?>
日焼けとは太陽光に含まれる紫外線を浴びることで起こる症状で、皮膚が赤く炎症を起こしてひりひりしたり、さらにひどくなるとやけどと同様に水ぶくれができたり、皮膚がボロボロとはがれたりします。また、紫外線によるダメージを防ごうと体内でメラニン色素が生成され肌の色が濃くなったり、紫外線による刺激で活性酸素が過剰に作られることで、健康な自身の細胞を傷つけてしまい、ひどい場合には皮膚がんなどを誘発することがあります。
<皮膚が赤くなるタイプの対処法>
メラニン色素の生成があまり活発でない人がこちらのタイプに該当し、皮膚が赤くなるのは紫外線B波(UVB)による「サンバーン」が原因です。つまり太陽によるやけどなので、とにかく早く「冷やすこと」が重要です。冷たい水で濡らしたタオルや保冷材をタオルで巻いたもので冷やしましょう。顔ならひとかけの氷をあてて火照った皮膚を冷やすのでもいいでしょうし、全身の場合は冷たいシャワーを浴びることも有効でしょう。その後は皮膚に刺激を与えないようにやさしく乾いたタオルで拭いた後、刺激の少ないローションやクリームで保湿をしっかりしてください。またひどい水ぶくれなどの重度なやけどの症状がある場合には、自己処置ではなく病院に行きステロイド系の軟膏などを処方してもらい塗布するようにしてください。なかなか治らずつらい思いを長期間することになったりやけどの跡が残ったりしてしまいます。
<皮膚が黒くなるタイプの対処法>
メラニン色素の生成が活発な人がこちらのタイプに該当し、皮膚が黒くなるのは紫外線A波(UVA)による「サンタン」が原因です。紫外線に対処しようとメラニン色素がつくられることは悪いことではありませんが、UVAはUVBと比べ波長が長く、曇りの日に室内にいてもガラスを通って差し込み、皮膚の奥深くへ届きます。UVBのような赤みや痛みを伴わないため、知らず知らずのうちに影響を受けてしまいます。目立った症状がなくても、長時間日に当たっていたなと感じたら、体内では活性酸素が発生し、皮膚にダメージを与えています。過剰な活性酸素の働きを抑えるためには、抗酸化作用のある食品を取り入れましょう。具体的には「ビタミン」や「ポリフェノール」が多く含まれている野菜や果物を積極的に取り入れることです。またそもそも肌を黒くしたくないというかたもメラニン色素の生成を抑制する効果がビタミンCにはあるので、サプリメントなども利用して日焼け対策してみてはいかがでしょうか。

.

最終更新日:2016-07-12 14:23

コメント (0)