TOP

スポンサーKataribe

ヨーグルトだけじゃない!乳酸菌が含まれている食品とその健康効果

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


生きたまま腸に届く特別な乳酸菌が入った機能性ヨーグルトが各社から販売されてブームになっていますよね。近年では腸は第二の脳だともいわれているとおり、腸内環境を整えることが体全体の健康につながることが指摘されています。だからこそ腸環境を改善したい!ならば善玉菌を増やそう、善玉菌といえば乳酸菌だ、乳酸菌といえばヨーグルトだということでヨーグルトを食べることに必死になっていませんか?ヨーグルトの健康効果は大変素晴らしいものですが、乳酸菌はなにも乳製品だけに含まれているわけではありません。ヨーグルト以外で乳酸菌が含まれている食品をいくつか挙げ、その健康効果をご紹介します。

①キムチ、ぬか漬け、ザワークラウトなどの漬け物
 野菜に自然についている乳酸菌によって発酵した漬物は、最も身近な乳酸菌を含む食品のひとつです。野菜に含まれる糖などの有機質が乳酸に変化することで、独特の酸味と香りを生み出すとともに、その働きで長期保存が可能になっています。乳酸菌の健康効果とともに野菜を火を通さずに生のまま食べることができるので乳酸菌と合わせて野菜の食物繊維やビタミンを摂取することができます。
②みそ、しょうゆ、納豆などの大豆の発酵食品
 ヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌と違い、先述の漬物や大豆の発酵食品に含まれるのは植物性乳酸菌で、動物性乳酸菌と比較し整腸作用が高くアレルギーを抑える効果を持っていると言われています。合わせて大豆には良質な植物性タンパク質と女性ホルモンの代わりになる大豆イソフラボンが含まれており、これらの食品を食べることで体の元となるたんぱく質が摂取できるとともに、ホルモンバランスを整え、コレステロール値を改善する効果が期待できます。
③天然酵母パン
 工業用のイーストで発酵させたパンではなく、天然酵母をつかって作られたパンの場合、パン酵母だけでなく複数の菌の相乗効果によって独特の風味や食感が作り出されています。その中には乳酸菌も含まれています。火を通したパンは乳酸菌が死んでしまっていて効果がないのでは?と思われるかもしれませんが、生きたまま食べても胃酸などでほとんどの場合生きて腸に届くことはありません。ですが乳酸菌は死骸であっても腸内の善玉菌のえさとなることで善玉菌の活動を支援し、腸内環境改善に効果があります。

なかなかヨーグルトだけを毎日食べることは難しいですが、乳製品が嫌いな方も、そもそも乳糖不耐症やアレルギーで食べられない方もいろいろな食品から乳酸菌を摂取することができることを知っていただきたいなと思います。毎日の食事で健康な腸をめざしましょう!

.

最終更新日:2016-05-04 13:21

コメント (0)